【剣盾】シーズン9 リザードン入り構築 最終541位/レート1946

はじめまして、フレアレッドです

シーズン9、お疲れ様です。

来期から環境がガラッと変わるので記録として簡易的ではありますが、構築記事を作成致しました。

自己満足みたいなものなので軽い感じで見て頂ければ幸いで御座います。

 

【構築経緯】

剣盾シーズン1からリザードン入りの構築を使用している為、今回もリザードン入りで構築を組むことにしました。

採用の詳細は下記の【個別紹介】で記載します。

 

f:id:FlareRed:20200901164737j:plain

 

【個別紹介】

リザードン(キョダイ個体)

f:id:FlareRed:20200901171552j:plain

性格:おくびょう

実数値(努力値):153-×-99(4)-161(252)-105-167(252)

CSぶっぱ、B余り

 

相棒兼エース。

初手ダイマするも良し、後半から抜きエースとしてダイマするも良しって感じで使用していました。

初手ダイマするだけだったら火炎放射ではなく、ブラストバーンで良かった気はしたが、相手によっては初手に出してもダイマせずに裏のパッチラゴン、カバルドンマリルリダイマを切ったほうが良い展開もあったので、連発できて命中安定の火炎放射を採用しましたが、だいもんじでも良かったような気がしなくもない。

暴風はダイジェットの最高打点及びマリルリのダイストリーム後に繰り出した時の最高打点として採用。

原始の力はヒートロトムへの打点として採用したが、ヒートロトムへ打つ機会は0でした!

リザミラーぐらいでしか使用しなかった。

正直、竜の波動やソラビが欲しいと思うこともあった。

奮い立てるはダイウォールがどうしても使いたかったのとカバルドンコータスの欠伸展開を起点にする目的でラムの実と合わせて採用。

一時期増えていたような気がしたキュワワーにも対面でも奮い立てるのおかげで逆に起点にできたりもできた。

ただ後半になるにつれて選出機会も減っていったのが残念でした。

 

ポリゴン2

f:id:FlareRed:20200901173551j:plain

性格:おだやか

実数値(努力値):191(244)-×-111(4)-126(4)-158(228)-84(28)

参考元:https://shar965.hatenablog.com/entry/2020/08/02/084645

 

初手リザードン出しでトゲキッスジバコイルと対面したときや初手ドラパルト出しでドラパルトミラーでの引き先でHDベースのポリゴン2を採用。

また初手ダイマで数的有利からTODを狙えたりしたが、ポリ2ミラーで麻痺を引いて逆にTODされたり引き先を見極めなければ起点にされてしまう点を考えれば個人的には扱いが難しいポケモンだったと思います。

いっそのこと最遅にしてアナライズで使用したほうが良かったのかも…。

 

ドラパルト

f:id:FlareRed:20200901173626j:plain

性格:おくびょう

163-×-95-152(252)-96(4)-213(252)

 CSぶっぱ、D余り(DL調整)

 

わりと初手に投げる状態異常撒きドラパルト。

最初はカバルドンの型が欠伸搭載していたので、

ドラパルトはドラゴンアロー/ゴーストダイブ/とんぼがえり/鬼火のスカーフ型でしたが、下記のカバルドンへ変更した際、合わせてドラパルトの型も上記へ変更。

相手の引き先であるポリゴン2 に麻痺を入れてマリルリを上からダイナックルを通したりミミッキュに火傷を入れさせてからカバルドン引き等うまくいった場面もかなりありました。(相手にしたミミッキュのほとんどがアッキor珠で良かったっていうのもありましたが…笑)

初手トゲキッスと対面した際も状況によっては麻痺撒いて祟り目でそのまま倒したり運が良い場面も時々ありました。

最低でも一仕事はしてくれるっていう感じでした。

外しがなければ…笑

 

カバルドン

f:id:FlareRed:20200901173646j:plain

性格:わんぱく

215(252)-132-187(252)-×-92-68(4)

参考元:https://shar965.hatenablog.com/entry/2020/08/02/084645

 

参考元がポリゴン2 と同じになってしまいますが、この型を使う前は上記のドラパルトのところにも記載してましたが、欠伸搭載型で、HBアッキで地震ワンウェポンでした。

立ち回りが下手すぎたので、ラス1対面で珠じゃないエースバーンに飛び跳ねるで完膚なきまでされたので、考えを改めて3ウェポン型へ変更。

基本的には対エースバーン、対パッチラゴンへの引き先として採用。

ダイマ性能も高めで状況に応じてABDを上げられる点も優秀だと感じました。

 

 

パッチラゴン

f:id:FlareRed:20200901173706j:plain

性格:ようき

165-152(252)-111(4)-×-90-139(252)

ASぶっぱ、B余り

 

初手リザードンがキツい対面であるラプラスアシレーヌカビゴンに対して選出する為に採用。

初手or抜き性能は良い意味で桁違いだったが、実際はそこまで余程のことがない限り初手には出さなかったり、相手にドラパルトとカバルドンがいるとなかなか選出できなかったりしていました。

読みが必要になりますが、ドヒドヌオーに圧力をかけられるのは良いと思いました。

ドラゴン技については打ち分けできたら良いと思う場面もあるかな程度です。

今回は珠で使用してましたが、ラムやスカーフでの運用や突撃チョッキで調整も考えても良かったかも。

シーズン中盤から終盤にかけては最速トゲキッスの印象が強く残ってしまった為、

ドヤ顔で突っ込む自信はなかった。

 

マリルリ

f:id:FlareRed:20200901173727j:plain

性格:いじっぱり

205(236)-112(252)-101(4)-×-102(12)-71(4)

HAベース、BD余り(DL調整)、S同族抜き

 

普通のチョッキマリルリ

努力値の配分は多分もっと良い調整があるかもしれない。

ダイマトゲキッス対面でダイマ同士で競り勝ち、エースバーンやドリュウズカバルドンに強く出れる水タイプが欲しかったので採用しました。

 

【基本戦術】

リザードン+ポリゴン2カバルドン、パッチラゴン、マリルリから2体

 

ドラパルト+ポリゴン2カバルドンマリルリ、パッチラゴンから2体

 

マリルリ+リザードンポリゴン2 、ドラパルト、カバルドンから2体

 

キツいポケモンとしては雷パン採用の連撃ウーラオスがかなり重かったです。

ドラパルトで火傷を入れないとかなり立ち回りが難しかった印象でした。

今回はステロがないのでカウンター持ちはドラパルトをうまく立ち回っていかないといけない場面も多々ありました。

ロトム系統やギャラドスも重い印象でした。

 

【戦績】

125戦77勝48敗

最終541位レート1946

f:id:FlareRed:20200901223357j:plain

f:id:FlareRed:20200901224002j:plain

f:id:FlareRed:20200901224040j:plain

 

【最後に】

とりあえず目標は次こそは二桁順位いけるよう頑張ります。

ここまで読んで頂きまして有難う御座いました。

新環境でも宜しくお願い致します。


一応Twitterもやってます。

https://mobile.twitter.com/FlareRed